メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

枝野氏「年明け早々に動かないと間に合わない」 立憲・国民合流で平行線

立憲民主党の枝野幸男代表

[PR]

 立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文の両幹事長は26日、国会図書館で党合流に関する6回目の協議を行った。両党間の不信感が根深い参院の信頼醸成や地方組織の統合について議論したが、双方の主張は平行線をたどった模様だ。27日も協議を続ける。

 協議後、福山氏は記者団に「いろいろな課題を一つ一つ固めている。かなり細かいことを含めて話し合っている」と説明した。平野氏は、国民内に合流反対派を抱えていることを踏まえ、「(結論は)早いに越したことはないが、拙速に物事を決めるのはいかがか」と述べ、慎重に協議を進める考えを示した。

 一方、立憲の枝野幸男代表は26日の記者会見で「通常国会が1月20日には始まるので、年明け早々から実務的に動かないと間に合わない」と述べた。立憲側は、国民側の慎重姿勢が合流協議が進まない原因とみており、早期の決断を迫った格好だ。【野間口陽、東久保逸夫】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. ヘンリー王子「他に選択肢なかった」 王室決定「大きな悲しみ」公務引退に無念にじませ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです