メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乗り換え不要 線路と道路走れる「DMV」 徳島・高知間で運行へ 20年度

営業運転で使われる3台のDMV=徳島県提供

 線路と道路を走れる車両「DMV」の営業運転を世界で初めて目指している徳島県や同県海陽町、高知県などの関係機関による「第5回阿佐東線DMV導入協議会」が24日、徳島県庁であり、順調に準備が進めば、2020年度にも海陽町と高知県東洋町・室戸市を結ぶルートで運行開始と決まった。ダイヤや運賃は未定だが、乗り物ファンだけでなく、観光客の呼び込みなどにも期待されそうだ。【山中尚登】

 協議会によると、阿波海南文化村(海陽町)をバスとして出発し、JR阿波海南駅(同)からJR甲浦駅(高知県東洋町)までは列車として線路を走行する。この後、海の駅東洋町(同)を経由して道の駅宍喰温泉(海陽町)まではバスとして道路を走る。ルートは計約15キロで、所要時間約35分。1日数往復する。

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文625文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  2. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  3. 新型コロナ感染、福岡市の女性死亡 九州の感染者で初

  4. 新型コロナ 県内感染者「3次」含む8人に 富山のケアマネら 氷見の職安、当面閉庁 /富山

  5. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです