上白石萌音さん “大きな壁”越え「勇ましく演じたい」 連ドラ初主演で看護師役

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
上白石萌音さん=玉城達郎撮影
上白石萌音さん=玉城達郎撮影

 薄いピンクのナース服に身を包み、カメラのレンズを見つめる姿が初々しい。今、映画にテレビに引っ張りだこの21歳は、連続ドラマ「恋はつづくよどこまでも」(1月14日スタート、TBS系火曜午後10時)で、看護師役に初挑戦する。「着心地は抜群です。人の命と向き合う現場で、すぐに動けるための服装だと感じました」。明るい笑顔をはじけさせ、そう話す。

 原作は、円城寺マキの同名漫画。演じるのは、偶然出会った医師を「運命の男性」と信じ、再会したい一心で看護師となるヒロインの七瀬。ゴールデン帯の連続ドラマで初めて主演を務める。「年明けから大きな壁が目の前にそびえていて、正直、プレッシャーがとてもある」中、撮影現場では、七瀬の憧れのドクターである完璧主義者の「魔王」こと、天堂役の佐藤健ら先輩の胸を借りて重責に挑戦。「今のドキドキ感を新米の七瀬に重ねな…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文754文字)

あわせて読みたい

注目の特集