10歳仲邑菫初段、プロ1年目の最終対局を勝利で飾る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 囲碁の小学生棋士、仲邑菫(なかむらすみれ)初段(10)は26日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で打った第46期名人戦予選C1回戦で山田和貴雄七段(50)に144手で白番中押し勝ちした。2019年最後の対局となり、プロ1年目の成績は17勝7敗、勝率7割8厘で、日本棋院の同期入段13人の中で勝ち数、勝率ともトップ。勝率は休場2人を含む全27人の初段の中でもトップだった…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集