メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

がれき散乱、高い線量 福島第1原発3号機の動画公開

 原子力規制委員会は26日、2011年に事故を起こした東京電力福島第1原発の3号機の動画を公開した。12日に3階の内部などを調査した時に撮影。事故後、3階の詳細な動画が公表されるのは初めて。散乱したがれきなど事故の生々しい痕跡と、依然として高い線量の状況がうかがえる。

 公開された動画は約15分間。規制委の事務局となる原子力規制庁の職員6人が、建屋1階の南東側から階段で上がり、3階部分は約6分間かけ調べた。

 映像を見ると、太いはりが損傷し、天井は大きくたわんでいた。「広い面積で上から大きな力が働いた印象」。26日、東京都内で開かれた規制委の事故分析の検討会で、調査を指揮した安井正也・原子力規制特別国際交渉官がそう報告した。配管などが破損し金属片が散らばった様子や、天井のコンクリートが抜けて空が見える場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文517文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  4. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  5. 時代遅れの印紙税 実は銀行預金通帳のデジタル化を後押し?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです