メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市川海老蔵が演じる“忍者ロミオ”の「禁断の恋」 初春歌舞伎

市川海老蔵=小玉祥子撮影

 正月の東京では歌舞伎座(2~26日)、新橋演舞場(3~24日)、国立劇場(3~27日)、浅草公会堂(2~26日)の4劇場で歌舞伎公演が催される。

 新橋演舞場の「初春歌舞伎」は、市川海老蔵が中心の座組み。海老蔵は昼の部で「鈴ケ森」の幡随院(ばんずいいん)長兵衛、新作歌舞伎の「NINJA KABUKI 雪蛍恋乃滝(ゆきぼたるこいのたき)」の稲妻、夜の部で「め組の喧嘩(けんか)」の辰五郎をつとめ、新歌舞伎十八番の「雪月花三景(みつのながめ) 仲国」を長女の市川ぼたん…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文584文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で372人の感染確認 7日連続で300人超 新型コロナ

  2. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 宝塚ならではのコーヒーいかが 自家焙煎の3店がネットで淹れ方指南 兵庫

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです