特集

ともに・2020

東京五輪・パラリンピックを控え、毎日新聞社はバリアーゼロ社会実現を目指し「ともに2020」キャンペーンを展開しています。

特集一覧

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

バスケ通じ成長、映画公開 障害のレッテル打ち破る

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
映画「だれもが愛しいチャンピオン」の一場面=ⒸRey de Babia AIE,Peliculas Pendelton SA,Morena Films SL,Telefonica Audiovisual Digital SLU,RTVE
映画「だれもが愛しいチャンピオン」の一場面=ⒸRey de Babia AIE,Peliculas Pendelton SA,Morena Films SL,Telefonica Audiovisual Digital SLU,RTVE

 知的障害者のバスケットボールチームの選手とコーチの交流と成長を描いたスペイン映画「だれもが愛(いと)しいチャンピオン」が27日から公開が始まった。障害とは何か。何が基準なのか。幸せとは――。作品は問いかける。ハビエル・フェセル監督に映画の魅力や撮影の裏話などを聞いた。【斎藤文太郎】

 映画はプロチームのコーチを解任された男性が障害者チームのコーチに就き、全国大会で快進撃をみせるというストーリー。当初、コーチは選手の言動に戸惑う。「まっすぐ走れ」と指示すると体育館から出て行ってしまう。靴を左右逆に履いていることに気づかない。

 だが、選手たちの目線は違う。「僕をばか扱いする連中は僕を知らないだけ」(ある選手)。コーチは短気でたびたびかんしゃくを起こしていたが、徐々に選手を褒めるようになる。「対処法を我々が教えている」(別の選手)――。そんな、心に刺さるセリフが随所に出てくる。

この記事は有料記事です。

残り469文字(全文860文字)

あわせて読みたい

注目の特集