メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学に陰あり

円地文子「秋のめざめ」 鳥取砂丘と女の弱さ強さ /島根

 男女の愛。ドロドロした欲望と崇高な精神が息苦しいまでにもつれ合うような。これぞ恋愛小説という作品を読んだ。女の執念深さや残忍さ、退廃を妖艶に描く名手、円地文子(えんちふみこ)(1905~86年)の「秋のめざめ」である。57年8月から翌58年1月まで毎日新聞夕刊に連載され、同年刊行された。物語に流れる時間も連載と同じ頃だと思われる。

 冒頭から引き込まれる。若くチャーミングで利発な麻枝は大阪出張から東京への帰途、夜行寝台列車の中で中…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1321文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  3. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  4. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

  5. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです