メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019歳末点描

餅つきで一年の感謝 90人にぎやかに 行橋・障害者施設 /福岡

きねを持ち、にぎやかに餅をつく参加者たち

 行橋市下崎の障害者就労支援施設、ゆくはし第2ふれあいの家で26日、恒例の「餅つき大会」があった。施設の通所者や保護者のほか、日産自動車九州(苅田町)の現場監督でつくる工長会(高村圭司会長)の22人も参加。総勢90人でにぎやかな餅つきとなった。

 施設では23人が金具や段ボールの組み立てなどの作業に従…

この記事は有料記事です。

残り126文字(全文276文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 消える遊郭の町家風情 奈良・大和郡山 老朽化進み3月以降4棟取り壊し

  5. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです