メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

国際貢献、日本の宿題=西川恵

西川恵客員編集委員

 <kin-gon>

 人道・開発支援に長らくかかわった2人が今年、その死を通して日本の国際貢献のあるべき姿を深く考えさせた。12月4日、アフガニスタンで凶弾に倒れた中村哲さん(73)と、10月に92歳で亡くなった緒方貞子さんである。

 中村さんはアフガン難民のハンセン病診療や、山岳無医村診療、農業復興の用水路建設と、約35年にわたりアフガン社会にかかわってきた。緒方さんは国連難民高等弁務官として難民問題に取り組み、国際協力機構(JICA)では途上国の開発支援で指揮をとった。

 中村さんの献身的な取り組みはアフガン人の尊敬を集め、緒方さんの「人が危機にある時は手段を尽くして救…

この記事は有料記事です。

残り755文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 岐阜中3自殺 市教委いじめ認め謝罪「寄り添えていなかった」

  4. 「金払う、サンドバッグ、土下座--から選択」いじめ34件を認定 岐阜の中3転落死

  5. 「名簿廃棄記録のログは廃棄しておりません」「調査はしません」 「桜」17日野党ヒアリング詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです