メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンガリー・闘士の「変節」

/3 深まる露との「蜜月」

ロシアが最大の株主である国際投資銀行の本社が入る建物=ブダペストで2019年10月28日、三木幸治撮影

 「国を成功させるのはおそらく民主主義ではない。成功者はシンガポール、中国、ロシアなどだからだ」=ハンガリー・オルバン首相(2014年、ルーマニアでのイベントで)

     ◇

 ハンガリーの首都ブダペスト中心部から車で約10分。目立たないビルの一角に今年6月、「国際投資銀行」の本社がロシアから移転してきた。旧ソ連が主導した経済相互援助会議(コメコン)が設立し、今もロシアが最大の株を持つ銀行だ。「ロシアの諜報(ちょうほう)機関がここを拠点に欧州連合(EU)に入り込む可能性がある」と欧米諸国は懸念する。

 冷戦崩壊前、「反ソ連」の闘士だったオルバン氏。10年以降、司法や経済を支配する強権国家をつくり始め…

この記事は有料記事です。

残り865文字(全文1166文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです