連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

都構想、打算の再始動 大阪・来秋に住民投票

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政令市の大阪市を廃止・分割し、大阪府・市の二重行政を解消するための「大阪都構想」の是非が問われた2015年の住民投票から4年半。約1万票の僅差で否決された異例の大都市制度改革は、現職の大阪府知事と大阪市長が互いのポストを入れ替えた前代未聞のダブル選(19年4月)を経て、20年11月にも、再び有権者の審判に委ねられる。なぜ、都構想はよみがえったのか。制度案はどう変わったのか。【道下寛子、芝村侑美、矢追健介】

この記事は有料記事です。

残り2173文字(全文2378文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集