メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

高齢者が支え合う未来の日本

地域や住民の困りごとについて和やかに情報交換する「ぽっと」の活動=北海道津別町で

 町の年齢別人口構成が、65歳以上人口のピークを迎える2040年の日本の構成とほぼ一致する北海道津別町。道東にある人口約5000人のこの町で現在、地域のお年寄りが主体となり、同じ高齢者を支える福祉のまちづくりの実験が成果を上げつつある。「未来の日本」から見える景色とは――。

 ●困りごとを把握

 「1人暮らしで気になる人はいますか?」「隣の〇〇さん、暖房費がかかるって、あまり使っていなくて体調が心配なんだよね。最近老人会にも出てこないし」

 津別町活汲(かっくみ)地区の自治会集会所では毎月1回、地域の総合相談所「ぽっと」が開かれる。今月上旬は「担い手」と呼ばれる60代後半~70代の男女6人を中心に、町の保健師、社会福祉協議会職員ら専門職が加わり、住民から聞き取った話を出し合った。

この記事は有料記事です。

残り1253文字(全文1594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです