メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviライフスタイル

開運セラピストが教える、2020年の我が家に幸運を呼び込む方法(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

2019年は令和元年を迎え、新しい時代がスタートしました。来たる2020年はどんな年になるのか、また幸運を呼び込むには、どういったポイントに気を付ければいいのでしょうか。開運セラピストの紫月香帆先生に、風水の観点から部屋ごとに具体的なアドバイスをいただきました。

 

令和時代は「住まいを整える」ことがより重要に!

紫月先生によると、令和の時代は「自分の価値観や自分らしい魅力を生かしていける人が輝く時代」になるそうです。また、学歴社会は終わりを迎え、今後ますます人柄が重視されていくように。

そんなこれからの時代は、常に“ちょっとゴキゲン”な精神状態を維持できることがポイントだとか。「いつも明るい人だな」「一緒にいると元気をもらえるな」という人のところに幸運が集まってくるので、暮らしのベースとなる住居を整えることは、とても大切になります。

「令和2年目の2020年、風水のキーワードは『光』です。家の中はより明るく、光るものはピカピカに輝いた状態が、幸運を呼び込みます。2020年と2021年の2年間は、今後の金運を大きく左右します。勝負の年になりますよ」(紫月香帆先生、以下同)

 

ノウハウよりも感覚が大事! 心地よい暮らしに気づくこと

時代の移り変わりとともに、風水の取り入れ方にも変化が出てきているそう。「例えば、ラッキーアイテムが『黄色い財布』だから黄色い財布を持てばいい、という理解では幸運はつかめません。“それを手にすることで自分の心が軽やかで元気になる”という感覚まで手に入れられて初めて、そのアイテムが“幸運グッズ”になります。『自分を上機嫌にするにはどうしたらいいか?』と自問しながら風水を取り入れると、自分にとって効果のある方法がわかり、運気の好転が得られるでしょう」

 

風水はおまじないではなく、統計学や環境学に類する理論的な知恵だという紫月先生。即効性はないけれど、漢方薬のようにジワジワと効いていきます。そのため、無理なく続けられることが成功の秘訣なのです。

【関連記事】
風水で寝室とキッチン、トイレを整える! 開運を呼び込むインテリアのルール

 

2020年は「キッチン」に注力! 油汚れを放置しないで

「2020年は九星気学でいうと『庚子七赤金星(かのえねしちせききんせい)』の年です。庚は金属を意味するので、『金』を表す文字がふたつ入っているのがわかります。ダブルの金なので、来年は金運が大きなテーマだとわかります。金は輝いてこそ、価値があるもの。つまり、輝くべきところを輝かせることが、開運につながります。

 

キッチンは磨いておきたい部分がたくさんあります。特に、ガスコンロのごとくやシンク周り。ここが油汚れでギトギトでは、金運が下がってしまいます。ほかにも、冷蔵庫の表面、食器棚のガラスなども磨いておきたいですね。

 

来年のラッキーアイテムはスパイスなので、スパイスを取り入れた料理をつくったり、スパイス類をラックに並べておいたりするのもおすすめです。火は金を溶かしてしまうので相性がよくありません。キッチンに財布や貴重品を置かないようにしてください」

【キッチンの開運ポイント】
・コンロ、シンクはピカピカに磨く
・スパイスを並べる。
・財布や貴重品を置かない

 

【プロフィール】

開運セラピスト / 紫月香帆(しづきかほ)

幼い頃より、占いや風水に親しんで育ち、高校在学中から芸能活動をスタート。独学で九星気学を学び、その後師事して本格的に手相を学ぶ。手相、人相から風水、四柱推命タロット、姓名診断と、豊富な知識を駆使した占術は、的中率の高さとわかりすいアドバイスに定評がある。さらに、四柱推命と風水をベースに研究を重ねた独自の「宿命カラー風水」、「十干風水」を確立。開運セラピストとして、雑誌やテレビ、携帯コンテンツなど各方面で活躍中。現在、約25冊の著書を出版し、『やってはいけない風水』(河出書房新社)は33万部を超える大ヒットになっている。オンラインスクール「光運塾」主催。

 

GetNaviがプロデュースするライフスタイルウェブマガジン「@Living」

 

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです