メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

向精神薬100錠紛失 医薬品大手の山梨支店 上野原市立病院では注射液4管 情報公開請求

 医薬品卸大手メディセオ(本社・東京)の山梨県内支店で今年2月、向精神薬100錠を紛失していたことが26日までに毎日新聞の取材で分かった。また、上野原市立病院(同市上野原)で2017年5月に向精神薬の注射液4管を紛失していたことも毎日新聞の県への情報公開請求で判明した。【金子昇太】

 県などによると、向精神薬100錠を紛失したのはメディセオ山梨東支店(中央市)。2月1日朝、同支店に向精神薬9箱が納入されたが、その数時間後に向精神薬「トリアゾラム」100錠入り1箱がなくなっていることが発覚。支店内を探したが発見できず、同社は同4日、県中北保健所に連絡し、南甲府署に紛失届を提出した。同5日には県衛生薬務課職員らが現地調査した。

 メディセオは「厳重な管理を行っていたが、紛失事故が発生した。真摯(しんし)に反省し、全力を挙げて再発防止に取り組んでいる」とのコメントを出した。

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1190文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いっそ営業禁止と言ってほしい」人影途絶えた歌舞伎町 風俗業界も深刻

  2. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  3. 14都道府県26カ所でクラスター発生 東京・兵庫が最多4カ所 厚労省公表

  4. 子供向けマスク 6日から販売 50回洗濯可 ミキハウス

  5. なぜ布製?どうして2枚? マスク配布に広がる疑問や戸惑い その効果は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです