メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベルギー国籍の助教 雇い止めで長崎大を提訴「不自由な日本語書類渡されただけ」

長崎地方裁判所=長崎市で2019年2月21日、松村真友撮影

 長崎大(長崎市)で助教として8年間勤務し、2月末に雇い止めとなったベルギー国籍のリュク・ロースフェルトさん(59)=長崎県時津町=が27日、十分な説明がなく契約期間を短縮した雇い止めは無効として、大学に雇用継続などを求めて長崎地裁に提訴した。

 訴状によると、ロースフェルトさんは2011年3月に3年…

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文337文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  2. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

  3. 光秀の先祖? 「明智」姓が記された鎌倉時代の古文書発見 岐阜・多治見

  4. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  5. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです