メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニューイヤー駅伝・注目選手

マツダ・山本憲二 48大会ぶり優勝狙う大黒柱 マラソン再挑戦にも意欲

MGCで力走するマツダの山本憲二=東京都港区で2019年9月15日、宮間俊樹撮影

 「ニューイヤー駅伝inぐんま 第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会」(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社・TBSテレビ・群馬県共催)が来年元日、群馬県で開催される。駅伝日本一を目指し、新春の上州路を駆け抜ける注目選手を紹介する。(年齢はレース当日現在)

 マツダに初の中国大会5連覇を呼び込んだ。1区を走り、ともに東京五輪代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」に出場した中国電力・藤川拓也との「MGC対決」を制して6秒差をつけた。

 6月のサンディエゴ・ハーフマラソンではケニア勢に食らいついて日本人トップの4位に入った。MGCは手応えを得て臨んだものの、上位陣の壁にはね返された。12キロ過ぎに仕掛けて2位集団から先行したが、間もなく吸収され、その後は見せ場を作れずに16位。「調整に失敗した面もあるが、力負けだった」と振り返る。

この記事は有料記事です。

残り461文字(全文838文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」アニメ制作会社と社長を告発 1.4億円脱税容疑 キャラ店舗帳簿改ざん

  2. 漫画「鬼滅の刃」が完結

  3. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  4. 北九州市、再び分散登校へ 市立小中5校で12人の児童生徒感染

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』スピンオフ短編、ジャンプに掲載へ 炎柱・煉獄の新たな物語

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです