自らの報道局にカメラを向けた「テレビの自画像」 ドキュメンタリー映画「さよならテレビ」 土方宏史さんインタビュー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「『テレビはもう終わりだ』と思っている若い人たちにも見てほしい」と語る「さよならテレビ」の監督、土方宏史さん=東京都新宿区で2019年11月20日、西田佐保子撮影
「『テレビはもう終わりだ』と思っている若い人たちにも見てほしい」と語る「さよならテレビ」の監督、土方宏史さん=東京都新宿区で2019年11月20日、西田佐保子撮影

 東海テレビ開局60周年記念として2018年9月2日に放映後、賛否両論が巻き起こったドキュメンタリー「さよならテレビ」が映画化され、20年1月2日に公開される。「テレビは“マスゴミ”とたたかれているけれど、実際、メディアはどうなっているのか」。映画の冒頭、報道フロアで同僚らに撮影の意図を説明するのは、監督した東海テレビの土方(ひじかた)宏史さん(43)。自社の報道局にカメラを向け、現場を赤裸々に、一切の“そんたく無し”で映し出すには、相当の覚悟があったはずだ。「テレビ放送後、同僚との関係も変わったのでは?」と土方さんに問うと、「実際そうなっています。もちろんです」と即答した。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り3822文字(全文4120文字)

あわせて読みたい

注目の特集