メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 福よ来い 台風被災地の年の瀬

 10月12日から13日にかけて東日本各地を襲った台風19号。総務省消防庁のまとめによると、全国で死者99人(災害関連死含む)、行方不明者3人、負傷者484人を出し、全壊3081棟を含む9万1652棟の住宅に被害があった(12月12日現在)。被害が大きかった長野県や福島県などでは、それぞれの思いを胸に年の瀬を過ごす住民の姿が見られた。

 「ぺったん、ぺったん」。千曲川の堤防決壊により約2・5メートルの高さまで浸水し、柱がむき出しになった長野市津野地区の妙笑寺で27日、氷点下近くまで気温が下がり雪が降るなか、元気な母子の声が響いた。境内には地域住民とボランティアら約20人が集まり、もち米を研ぐなど、28日の餅つき大会の準備をしていた。

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1247文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 櫻井翔、二宮和也からの大量の“迷彩マスク”プレゼントに「ありがとうございます!」

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 駿河湾に1メートル超の深海魚 「ヨコヅナイワシ」と命名 海洋機構ら研究チーム

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです