メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・見聞読

ジブリ音楽を欧州ジャズでほか

 

 <楽庫(らっこ)>

 ♪ジブリ音楽を欧州ジャズで

 宮崎駿監督を代表とするスタジオジブリのアニメ映画は、世界的な評価を確立している。映像だけでなく、音楽の影響を語るアーティストは少なくない。日本でも人気の高いイタリア出身のジャズピアニスト、ジョバンニ・ミラバッシもその一人。2015年にも日本のアニソン集を出して話題になったが、このほど、ジブリ作品だけのアルバム「MITAKA CALLING‐三鷹の呼聲(よびごえ)‐」(コロムビア)を発表した。

 ミラバッシは、現在パリ在住で、欧州的なリリカルでロマンチックなピアノサウンドで知られる。日本で人気が高く、ミラバッシの方も日本びいき。特にアニメ文化に傾倒し、タイトルの「三鷹」とはジブリ美術館の所在地のことである。「もののけ姫」「紅の豚」「風立ちぬ」などから9曲を録音した。ジャケットイラストは宮崎監督が提供したもの。

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 声をつないで 「いかに異常か気づいてほしい」中満泉・国連事務次長が海外から見た日本の現状

  2. 三菱UFJ銀行で新型コロナ感染 愛知・江南支店行員、直近の渡航歴なし

  3. 行政ファイル 横浜・炊飯器からネズミ見つかり給食の米飯提供中止 /神奈川

  4. 「1日に5000件処理」韓国が新型コロナを大量検査できる理由とは?

  5. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです