メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラットフォーマー規制

ポイント解説/5止 閲覧履歴「クッキー」の提供 本人同意を義務付け

 巨大IT企業に対する政府の新ルールでは、ウェブサイトの閲覧記録「クッキー」の利用に関する新たな規制も盛り込んだ。

 クッキーの情報には閲覧した人の氏名は記録されないため、従来は個人情報保護法(個情法)が定める「個人情報」の対象外とされてきた。企業は自由に売買してビジネスに活用することが可能で、ウェブ閲覧者が関心を持ちそうな広告を表示する「ターゲティング広告」などに利用してきた。

 だが技術の発展により、クッキーの情報と他の情報を突き合わせることで、企業が個人を識別することができるようになった。就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが学生の内定辞退率を算出して販売していたケースでは、クッキーを同意なく辞退率算出に使用したことが問題となった。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです