メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プラットフォーマー規制

ポイント解説/5止 閲覧履歴「クッキー」の提供 本人同意を義務付け

 巨大IT企業に対する政府の新ルールでは、ウェブサイトの閲覧記録「クッキー」の利用に関する新たな規制も盛り込んだ。

 クッキーの情報には閲覧した人の氏名は記録されないため、従来は個人情報保護法(個情法)が定める「個人情報」の対象外とされてきた。企業は自由に売買してビジネスに活用することが可能で、ウェブ閲覧者が関心を持ちそうな広告を表示する「ターゲティング広告」などに利用してきた。

 だが技術の発展により、クッキーの情報と他の情報を突き合わせることで、企業が個人を識別することができるようになった。就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアが学生の内定辞退率を算出して販売していたケースでは、クッキーを同意なく辞退率算出に使用したことが問題となった。

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  2. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  3. 名古屋高速の事務員が感染判明、料金所5カ所閉鎖 新型肺炎

  4. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

  5. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです