メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

映画監督・岩井俊二さん 「表現したい」 意欲に突き動かされ

=根岸基弘撮影

 「Love Letter」や「リリイ・シュシュのすべて」など岩井俊二監督の作品を「いつまでも心に残る大切な映画」に挙げる人は多い。映画ファンに限らない。叙情性や心の闇の部分を包み込む、独特の空気感と色彩感覚、爽やかさに魅了されるからだ。「Love Letter」の姉妹編ともいえる新作「ラストレター」(1月17日公開)でも、小説や手紙を物語の中核に据え、心の内面のひだを丁寧に紡ぎ、しっとりした情感とノスタルジーを引き寄せる。

 映画では監督、脚本、編集をこなし、小説も書き、アニメやミュージックビデオを作るなど、創作の幅は広い…

この記事は有料記事です。

残り1372文字(全文1636文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです