メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviゲーム&ホビー

「じゃじゃ丸の大冒険」15〜20面ノーミスクリアに挑む![ゲーム芸人フジタの挑戦](GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

ゲーム芸人フジタが、アラフォーに向けてオススメタイトルを紹介する本連載。今回は、「じゃじゃ丸の大冒険」15〜20面ノーミスクリアに挑む!

シティコネクション
じゃじゃ丸の大冒険

4620円
(「忍者じゃじゃ丸 コレクション」に収録)
https://ninja-jajamaru.com/jp/

 

「忍者じゃじゃ丸くん」の続編として発売された横スクロールアクション。ステージ右端の出口に到達すると面クリア。妖怪軍団と対決せよ!

 

【関連記事】
ゲーム芸人フジタの挑戦
ゲーム芸人フジタの挑戦(YouTube)

 

賞品は桜肉のセット。罰ゲームはセンブリ茶!

編集部(以下編) 今回の成功報酬は、ヒロインのさくら姫にちなんで桜肉の別名がある馬肉の名産品セットです!

 

フジタ(以下フ) 馬肉ジャーキーは珍しいですね!

 

 ただし失敗の場合は、忍者も使っていたといわれる苦〜いお茶・センブリ茶を賭けた、ロシアンルーレットにリベンジしてもらいます。

 

 前も忍者ゲームのときにやりましたよね。今回は難しいんで、ちょっと自信ないです。

 

クリア手前15〜20面をノーミスクリアせよ!

どうも〜、フジタです! 「忍者じゃじゃ丸くん」の続編である「じゃじゃ丸の大冒険」が来ましたね! 86年発売にしてはかなりクオリティの高いタイトルだと思います。

15面。前作で助け出したさくら姫が実は偽者だったため、再び妖怪との戦いが続く。ブロックの中に隠されたアイテムの力を借りて進んでいく

 

ただね、19面が群を抜いて難しいんですよ。5発当てないと倒せない樹娘という敵がいて、足場も悪いし、そこが最大の鬼門です。あと、17面の鬼火とかんしゃく玉のところもフォーメーションによっては詰みます。運にかかってくるので果たしてどうなるか。プロの技が出ないとヤバいんじゃないですかね(笑)。

偶数面は「ザビエル」「カミナリパンツ」といった中ボスとの戦いが待つ。時間内に手裏剣3発を当てると倒せ、高得点をゲットできるボーナス面

 

それでは15面からスタートです。1周20面なんで後半の厳しいところから始めてます。そのわりにはのどかな公園みたいな場所で戦ってますけど(笑)。

今回の鬼門19面。茶色の「樹娘」は手裏剣5発か体当たりで落とす必要がある難敵。移動しないが3方向に弾を撃つ

 

ヤバいっすね、ヤバいっす!  あのヘビは触った瞬間に即死なんで。「ヘドボン」に骨を投げられたのもヤバかったですし……。この「大冒険」は「ガマパックン」がいきなり出るんですよ。その代わり、3個アイテムを揃えたときは別の忍術が使える。いまは無敵状態ですけど、切れた瞬間我に返って……ヤバいヤバい、ヤバいって! どうすんのよこれ、くぅー、危ねぇ〜! あの飛んでくる「キツネ」も相当ヤバかった。で、このドアに入ってクリアとなります。

10面と20面ではガマパックンに乗って、「なまず太夫」と対決! ガマパックンが吐き出す火の玉を当てて倒す。トリッキーな動きに惑わされるな!!

 

次の16面はボス戦ですね。本来やられてもいいボーナス面扱いですけど、今回は一応ノーミスを目指しているので、やられるわけにいきません。2体いますがスッと倒せましたね。でもって17面の道中がヤバいんですよ。

 

【終盤面で大苦戦のフジタ。一発死の危機が迫る。挑戦の結果は動画で!!】

撮影:高原マサキ(TK.c)

 

【関連記事】
ゲーム芸人フジタの挑戦
ゲーム芸人フジタの挑戦(YouTube)

 

©2019 CITY CONNECTION CO., LTD.

【関連記事】
レゴ史上初の日本車とのコラボ!日産GT-Rニスモの再現度に胸キュン!
激ムズな「ダブルドラゴン」3〜4面ノーミスクリアに挑む!【ゲーム芸人フジタの挑戦】

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  4. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです