安全保障

海自中東派遣 「調査・研究」名目での長期海外派遣は初めて

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中東海域での航行の安全確保を目的とした海上自衛隊の独自派遣を決定する閣議に臨む安倍晋三首相(左から3人目)。右端は河野太郎防衛相=首相官邸で2019年12月27日午前9時7分、川田雅浩撮影
中東海域での航行の安全確保を目的とした海上自衛隊の独自派遣を決定する閣議に臨む安倍晋三首相(左から3人目)。右端は河野太郎防衛相=首相官邸で2019年12月27日午前9時7分、川田雅浩撮影

 政府は27日の閣議で、中東海域での航行の安全確保のため、海上自衛隊の護衛艦1隻と哨戒機部隊の独自派遣を決定した。派遣の根拠は防衛省設置法の「調査・研究」とする。護衛艦「たかなみ」を派遣し、2月下旬からの現地での活動を目指す。アフリカ東部ジブチを拠点に海賊対処に当たる哨戒機部隊を1月下旬から活用する。菅義偉官房長官は記者会見で「中東地域の緊張が高まっている状況を踏まえ、情報収集態勢の強化が必要だ」と説明した。

 訓練などを除き、新たに本格的な自衛隊部隊を海外に派遣するのは、2016年の安全保障関連法施行後初めて。閣議決定を受け、河野太郎防衛相は派遣の準備を指示した。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文913文字)

あわせて読みたい

注目の特集