メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト「冷戦後」のかたち

華為の監視技術でアフリカ野党弾圧か 途上国の治安・安保に強まる中国の影響力

 冷戦終結から30年を経て、世界では米中対立の構図が鮮明化する。双方が激化させるのが、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などを巡るハイテク分野での攻防だ。それは、単なる経済摩擦にとどまらず、安全保障問題にも及ぶ覇権争いの様相を呈している。

中国のハッキングがコンサートを装った野党政治集会を見破る?

 「ムセベニは俺たちをつぶすため、やつらに助けを求めた」。アフリカ東部ウガンダ。34年に及ぶムセベニ政権を「独裁」と批判し、若者らの間で支持を広げるボビ・ワイン議員(37)がそう語気を強めた。「やつら」とは、中国企業ファーウェイのことだ。

 ワイン氏は人気レゲエ歌手から政治家に転身。国民の8割が30歳未満のウガンダで「変化を望む若者の象徴…

この記事は有料記事です。

残り2778文字(全文3099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  5. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです