連載

ポスト「冷戦後」のかたち

1989年12月3日、米ソ首脳はマルタ会談で冷戦終結を宣言した。あれから30年。米国を中心とする西側が築いたはずの国際秩序は揺らぎ、新たな対立や分断が生まれている。混沌(こんとん)としたこの冷戦後の時代のその後(ポスト)に、私たちを待ち受けているのはどんな世界なのか。

連載一覧

ポスト「冷戦後」のかたち

華為の監視技術でアフリカ野党弾圧か 途上国の治安・安保に強まる中国の影響力

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 冷戦終結から30年を経て、世界では米中対立の構図が鮮明化する。双方が激化させるのが、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などを巡るハイテク分野での攻防だ。それは、単なる経済摩擦にとどまらず、安全保障問題にも及ぶ覇権争いの様相を呈している。

中国のハッキングがコンサートを装った野党政治集会を見破る?

 「ムセベニは俺たちをつぶすため、やつらに助けを求めた」。アフリカ東部ウガンダ。34年に及ぶムセベニ政権を「独裁」と批判し、若者らの間で支持を広げるボビ・ワイン議員(37)がそう語気を強めた。「やつら」とは、中国企業ファーウェイのことだ。

 ワイン氏は人気レゲエ歌手から政治家に転身。国民の8割が30歳未満のウガンダで「変化を望む若者の象徴」(マケレレ大のヌデベサ教授)となり、2021年の大統領選で6選を狙うムセベニ大統領を脅かす。

この記事は有料記事です。

残り2731文字(全文3099文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集