メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛らしい「ね」! 伝統の「一位一刀彫」でネズミ表現 岐阜

「一位一刀彫」で彫られたネズミの置物=高山市本町1の「津田彫刻」で2019年12月5日、大竹禎之撮影

 来年の干支(えと)の「子(ね)」にちなみ、岐阜県高山市本町の「津田彫刻」では、飛驒地方の伝統工芸「一位一刀彫(いちいいっとうぼり)」で、表情豊かなネズミの置物が彫り上げられた。

 5代目店主、津田和彦さん(72)と、飛驒一位一刀彫協同組合代表理事を務める弟の真吾さん(65)が一緒に作業した。県の木の…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文231文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  2. 相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」 横浜地裁公判

  3. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  4. 相模原市の40代病院職員が感染 死亡した女性を看護 外来診療休診

  5. 大規模イベント開催は「主催者の判断」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです