受け入れ少ないのに…「難民」という言葉を多用する日本社会の謎

山手線内で掲示された化粧品の広告=滝澤三郎さん提供

 東京の化粧品会社が12月中旬から「日本の、美容液難民へ。」とのコピーを使った広告を電車内などで掲示し、「軽々しく難民という言葉を使うのは無神経では」などの批判の声が相次いだ。同社はこうした声や毎日新聞の取材を受け、広告の見直しを決定。26日以降、広告の撤去、変更を順次進めている。海外からの難民受け…

山手線内で掲示された化粧品の広告=滝澤三郎さん提供

あわせて読みたい