メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡聖光学院、さえわたる防御 スピードを生む「SAT」姿勢 全国高校ラグビー

【静岡聖光学院-名護】前半、ゴール前ラックから静岡聖光学院の石井が飛び出しトライ=東大阪市花園ラグビー場で2019年12月28日、猪飼健史撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第2日の28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦11試合。静岡聖光学院は名護(沖縄)を36―12で降し2回戦に進んだ。

 ディフェンスがさえた静岡聖光学院が2大会連続で2回戦に進んだ。試合開始早々、SH平野が警戒していた相手SOをタックルで止めた。相手…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  3. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  4. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  5. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです