特集

ニュース|第100回全国高校ラグビー

第100回全国高校ラグビー大会のニュースです。

特集一覧

全国高校ラグビー

花園のグラウンドに女性レフェリー初登場 落ち着いたジャッジで好プレー引き出す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【若狭東ー郡山北工】花園初の女性レフェリー上原睦未さん=東大阪市花園ラグビー場で2019年12月28日、森園道子撮影
【若狭東ー郡山北工】花園初の女性レフェリー上原睦未さん=東大阪市花園ラグビー場で2019年12月28日、森園道子撮影

 東大阪市花園ラグビー場で開催中の第99回全国高校ラグビー大会は、女性として同大会初となるレフェリー(主審)が2人、試合をさばいている。28日の1回戦、若狭東(福井)―郡山北工(福島)戦では、そのうちの一人で、九州ラグビー協会公認B1級レフェリーで福岡県立柳河特別支援学校の教員、上原睦未さん(31)が主審を務めた。

 福岡県出身。父親の影響でラグビーと出合い、小学校6年間は「浮羽ヤングラガーズ」(同県うきは市)に所属した。しかし「思春期で男子と互いに気を使うのは嫌」と中高は陸上部で中距離種目に取り組んだ。それでもラグビーへの思いは消えず、日体大で再び始め、ロックのポジションでプレーした。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文681文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集