メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

基礎練習を重視、「全員防御」で勝ちきった城東 「公立校でも活躍できる」

【城東-新潟工】後半、城東が中央のラックからパスをつなぎ伊藤がトライ=東大阪市花園ラグビー場で2019年12月28日、山田尚弘撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第2日の28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦11試合。城東(徳島)は新潟工を21―7で破った。

○城東21―7新潟工●

 低いタックルで相手の出足を止めると、すかさずボールに絡んでターンオーバーを繰り返す。春の全国高校選抜大会では、部員不足で他部から助っ人を借りながらも2勝した城東。全国の強豪を降した自信を胸に花園でも躍動し、伊達監督は「グラウンドに寝ている選手がほとんどいなかった」と全員防御をたたえた。

 前半4分にNO8橋本、19分に主将のSO三木がトライを挙げて14点をリードすると、相手の強みのモールを封じた。「ファーストコンタクトを重視した」と三木。社会人チームとの合宿で鍛え上げた秘策で、下から潜り込んで相手十分の形にならないことを意識し、後半は自陣22メートルラインの内側に入られることはほぼなかった。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  4. デジタル庁、民間と連携 首相直轄、強い権限 政府概要公表

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです