メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋田中央、19点差なんのその 船木主将「バックス一人一人が得意のスキル生かせた」

【秋田中央-高知中央】後半、ゴール前のスクラムから秋田中央の柴田が飛び出しトライ=東大阪市花園ラグビー場で2019年12月28日、猪飼健史撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビーフットボール協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦11試合があり、秋田中央は19点差をひっくり返して26-24で高知中央に逆転勝ちした。船木真夢主将は「FW陣で前に進み、バックスを走らせる作戦で勝利をつかんだ」と振り返った。船木主将の談話は次の通り。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文594文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ 感染拡大地からの「GoTo」やめて 憤る医療関係者 「予防にマイナス」

  2. 一斉休校は「科学より政治」の悪い例 クルーズ船対応の失敗を告発した岩田教授に聞く

  3. コロナ禍に売り上げ急回復、相次ぐ新規出店 焼き肉店が好調なワケ

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 「緊急事態宣言でも一斉休校せず」  萩生田文科相 共通テストも「予定通り」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです