メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

尾道・梁川主将「ラグビー以外の経験が自信に」 生徒会やボランティアで自主性培う

【尾道-仙台育英】前半、突進する尾道の選手たち=東大阪市花園ラグビー場で2019年12月28日、玉城達郎撮影

 第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は第2日の28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦11試合があり、尾道(広島)が57―7で仙台育英(宮城)を降した。尾道・梁川賢吉主将は、「田中春助監督のためにも勝ちたい気持ちが強かった」と試合を振り返った。梁川主将の談話は次の通り。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです