メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡聖光学院、監督、コーチは「指示ゼロ」 選手任せを貫いた勝利のカタチ

【静岡聖光学院-名護】前半、ゴール前ラックから静岡聖光学院の石井が飛び出しトライ=東大阪市花園ラグビー場で2019年12月28日、猪飼健史撮影

 東大阪市花園ラグビー場で開催中の第99回全国高校ラグビー大会(毎日新聞社、日本ラグビー協会、全国高校体育連盟、大阪府、大阪府教委主催)は28日で1回戦19試合が終わり、第3日の30日は2回戦16試合。今春の全国高校選抜大会3連覇で前回大会準優勝の桐蔭学園(神奈川)、連覇を狙う大阪桐蔭(大阪第1)などシード13校が初戦を迎える。

 1回戦を突破した中には、ユニークなチームもある。ノーシードで6回目出場の静岡聖光学院。ハーフタイムといえば、監督が円陣を組んだ選手に指示を出したり、鼓舞したりする場面が多い。

この記事は有料記事です。

残り735文字(全文988文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  2. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  3. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  4. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  5. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです