特集

第100回高校ラグビー 若狭東(福井)

第100回全国高校ラグビー大会に出場する若狭東(福井)を紹介するページです。

特集一覧

全国高校ラグビー

若狭東、2大会ぶり初戦突破 36-21、郡山北工降す /福井

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【若狭東36-21郡山北工】前半、攻め込む若狭東の左近田悠矢=東大阪市花園ラグビー場で、玉城達郎撮影
【若狭東36-21郡山北工】前半、攻め込む若狭東の左近田悠矢=東大阪市花園ラグビー場で、玉城達郎撮影

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社、全国高体連、日本ラグビー協会など主催)の大会第2日の28日、東大阪市花園ラグビー場で1回戦があった。4年連続31回目の出場となった県代表の若狭東は、後半に郡山北工(福島)を突き放し、36―21(前半17―21、後半19―0)で勝利。2大会ぶりの1回戦突破を果たした。2回戦は、大会第3日の30日、午前9時半から佐賀工と対戦する。【高橋由衣】

 若狭東がシーソーゲームを制した。4点を追う後半5分、相手陣22メートルでのスクラムから左にパスをつなぎ、最後はWTB岡本が左隅に逆転トライ。16分にはゴール前ラックからフッカー井根本が持ち出してリードを広げた。22分にはゴール前5メートルで獲得したペナルティーキックをプロップ富田が素早いリスタートからそのままトライし、試合を決めた。郡山北工はNO8望月の2トライなどで3度逆転したが、重要な局面で…

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文616文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集