メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平安後期、渥美焼つぼ 北野天満宮で出土、経塚に使用か 元日から新春特別展 /京都

北野天満宮の境内から出土した平安時代後期の作とみられるつぼ=京都市上京区で、南陽子撮影

 北野天満宮(京都市上京区)は、仏典を納めて築かれた「経塚(きょうづか)」に用いられたとみられるつぼが、境内から出土したと発表した。「袈裟襷文(けさだすきもん)」と呼ばれる、布きれを縫い合わせた袈裟を模した文様が上部に刻まれている特徴などから、平安時代後期に渥美半島(現在の愛知県)で作られた渥美焼とみられる。1月1日から13日まで宝物殿で開く新春特別展で公開する。【南陽子】

 北野天満宮では1976年にも平安後期の常滑焼(とこなめやき)のつぼが出土し、つぼの内部から、法華経…

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです