メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト「冷戦後」のかたち

中国「監視網」強権国へ ファーウェイAI浸透 ウガンダ弾圧に利用か

 冷戦終結から30年を経て、世界では米中対立の構図が鮮明化する。双方が激化させるのが、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などを巡るハイテク分野での攻防だ。単なる経済摩擦にとどまらず、安全保障問題にも及ぶ覇権争いの様相を呈している。

 「ムセベニは俺たちをつぶすため、やつらに助けを求めた」。アフリカ東部ウガンダ。34年に及ぶムセベニ政権を「独裁」と批判し、若者らの間で支持を広げるボビ・ワイン議員(37)がそう語気を強めた。「やつら」とは、中国企業ファーウェイのことだ。

 ワイン氏は人気レゲエ歌手から政治家に転身。国民の8割が30歳未満のウガンダで「変化を望む若者の象徴」(マケレレ大のヌデベサ教授)となり、2021年の大統領選で6選を狙うムセベニ大統領を脅かす。

この記事は有料記事です。

残り2522文字(全文2857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  5. 「給付金、今すぐくれないなら死ぬ」 逮捕された男はなぜ窓口で騒いだのか 孤独と貧困と誤解と

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです