メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポスト「冷戦後」のかたち

中国「監視網」強権国へ ファーウェイAI浸透 ウガンダ弾圧に利用か

 冷戦終結から30年を経て、世界では米中対立の構図が鮮明化する。双方が激化させるのが、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)などを巡るハイテク分野での攻防だ。単なる経済摩擦にとどまらず、安全保障問題にも及ぶ覇権争いの様相を呈している。

 「ムセベニは俺たちをつぶすため、やつらに助けを求めた」。アフリカ東部ウガンダ。34年に及ぶムセベニ政権を「独裁」と批判し、若者らの間で支持を広げるボビ・ワイン議員(37)がそう語気を強めた。「やつら」とは、中国企業ファーウェイのことだ。

 ワイン氏は人気レゲエ歌手から政治家に転身。国民の8割が30歳未満のウガンダで「変化を望む若者の象徴」(マケレレ大のヌデベサ教授)となり、2021年の大統領選で6選を狙うムセベニ大統領を脅かす。

この記事は有料記事です。

残り2522文字(全文2857文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです