メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぼうさい甲子園 安心、自分たちの手で みんなで守る未来(その1)

関西大・近藤研究室の学生ら=大阪府高槻市で、猪飼健史撮影

 学校や地域が取り組む優れた防災教育を顕彰する今年度の「ぼうさい甲子園」(1・17防災未来賞)=毎日新聞社、兵庫県、ひょうご震災記念21世紀研究機構主催、UR都市機構協賛=の表彰式と発表会が1月12日、神戸市中央区の兵庫県公館で開かれる。今年は新たに「特別支援学校・団体の部」が設けられ、「URレジリエンス賞」の選考も始まった。台風や豪雨、地震などの災害が多発している近年、防災教育への注目は高まっている。受賞校・団体の取り組みの一部を紹介する。

この記事は有料記事です。

残り2465文字(全文2688文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです