メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

もとをたどれば

パロマ 平和で豊かな暮らし願い

 給湯器やコンロなど台所機器を中心に展開するガス機器メーカー「パロマ」。名古屋に初めてガス灯がともって間もない1911年、この灯火にいち早く目をつけた小林由三郎(1883~1933年)が、市内の借家を改造して小さなガス器具工場「小林瓦斯(がす)電気器具製作所」を開いたのが起源だ。

 その後はガス器具のほかにパン窯や菓子焼き器を開発するなど事業を拡大。31年に「小林製作所」に改称した。戦時色が濃くなると、航空機部品が主力になり、工場が空襲を受けたこともあった。

 終戦後、ガス器具製造を再開。やがて一般家庭にガスが届くようになり、まきで湯を沸かしていた暮らしが一…

この記事は有料記事です。

残り312文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

  5. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです