メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

育児寄り添い「母の友」800号

1児の父でもある伊藤康編集長。「いつの時代も、いくつになっても育児の悩みは尽きない。大切なことは繰り返し取り上げていきたい」と話す=東京都文京区で、銅山智子撮影

 66年前に創刊された育児や童話をテーマにした月刊誌「母の友」(福音館書店)が、今月発売の2020年1月号で、通巻800号を迎えた。母親をメインターゲットに据えつつ、父親や祖父母にも読者層は広がっている。戦後日本の子育てに寄り添い続けてきた雑誌の歩みを振り返る。

 ●数々の人気作誕生

 創刊は1953(昭和28)年9月。忙しい母親に子育てのヒントや絵本の楽しさを届けようとスタートした。創刊したのは松居直さん(現・同社相談役)。子ども向けの本がまだ少なかった時代に、短いお話を毎月30編掲載。1日1話読み聞かせできるよう工夫されていた。

 その後、児童文学作家が作品を寄せるようになり、長編童話の連載も始まる。「ぐりとぐら」「おしゃべりなたまごやき」「魔女の宅急便」など今なお愛される物語の数々も、この雑誌から生まれた。

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです