メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

育児寄り添い「母の友」800号

1児の父でもある伊藤康編集長。「いつの時代も、いくつになっても育児の悩みは尽きない。大切なことは繰り返し取り上げていきたい」と話す=東京都文京区で、銅山智子撮影

 66年前に創刊された育児や童話をテーマにした月刊誌「母の友」(福音館書店)が、今月発売の2020年1月号で、通巻800号を迎えた。母親をメインターゲットに据えつつ、父親や祖父母にも読者層は広がっている。戦後日本の子育てに寄り添い続けてきた雑誌の歩みを振り返る。

 ●数々の人気作誕生

 創刊は1953(昭和28)年9月。忙しい母親に子育てのヒントや絵本の楽しさを届けようとスタートした。創刊したのは松居直さん(現・同社相談役)。子ども向けの本がまだ少なかった時代に、短いお話を毎月30編掲載。1日1話読み聞かせできるよう工夫されていた。

 その後、児童文学作家が作品を寄せるようになり、長編童話の連載も始まる。「ぐりとぐら」「おしゃべりなたまごやき」「魔女の宅急便」など今なお愛される物語の数々も、この雑誌から生まれた。

この記事は有料記事です。

残り1129文字(全文1487文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです