メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

大会支えた地方の力=鈴木大地

 ハンドボール女子の世界選手権が11月30日から12月15日の16日間、熊本県で開催された。ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の成功は誰もが認めるところだが、ハンドボールの観客も目標に掲げた30万人を超え、31万5748人に達したという。関係者の努力に敬意を表したい。

 開催が決まったのは2013年10月。東京五輪・パラリンピックの招致が成功した1カ月後だ。熊本はラグビーW杯の会場にもなっており、準備は大変だったと思う。さらに16年4月、熊本は最大震度7の大地震に見舞われた。一時は開催を危ぶむ声もあったという。だが「何としても開催にこぎ着けたい」との強い思いが人々を動かした。

 ハンドボールのメイン会場「パークドーム熊本」は、ラグビーW杯会場だった「えがお健康スタジアム」に隣接する。地震で最も大きな被害を受けた益城町に近く、地震の爪痕が残っていた。私は現地を訪れ、東日本大震災で被災した岩手県釜石市を思い出した。釜石も震災からの復興を進め、ラグビーW杯開催を成し遂げた。両大会は単なるスポーツの国際大会ではなく、復興への歩みを進めるマイルストーン(一里塚)として現地の方々の…

この記事は有料記事です。

残り429文字(全文922文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 東京アラートって、いったい何? 再び感染増でも発令せず “旧”基準2指標上回る

  4. 日本のコロナ対策は大失敗だったのではないか

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです