メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

報徳学園162-5山形中央 大会最多、報徳162点 FW、バックス好バランス

【報徳学園-山形中央】前半、相手ディフェンスを引きずりながら報徳学園の桃田がトライ=木葉健二撮影

 報徳学園が目指すラグビーはシンプルだ。FWは前に出て、バックスは走り回る。もっとも、それを60分間貫くのは簡単ではない。技術と集中力、そして選手層の厚さが計24トライ、162得点の爆発的な決定力に結びついた。

 前半の入りが抜群だった。相手ボールのラインアウトを奪って得点した開始早々の先制トライが、記録更新への号砲となった。相手のキックオフからカウンターを狙い、自陣から攻撃を仕掛けていく。前半の3、5、7分はノーホイッスルトライ。FB山田が防御網の裏や手薄な場所へのキック、飛ばしパスで好機を演出し、ゴール前ではFW陣…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

  4. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  5. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです