メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

報徳学園162-5山形中央 大会最多、報徳162点 FW、バックス好バランス

【報徳学園-山形中央】前半、相手ディフェンスを引きずりながら報徳学園の桃田がトライ=木葉健二撮影

 報徳学園が目指すラグビーはシンプルだ。FWは前に出て、バックスは走り回る。もっとも、それを60分間貫くのは簡単ではない。技術と集中力、そして選手層の厚さが計24トライ、162得点の爆発的な決定力に結びついた。

 前半の入りが抜群だった。相手ボールのラインアウトを奪って得点した開始早々の先制トライが、記録更新への号砲となった。相手のキックオフからカウンターを狙い、自陣から攻撃を仕掛けていく。前半の3、5、7分はノーホイッスルトライ。FB山田が防御網の裏や手薄な場所へのキック、飛ばしパスで好機を演出し、ゴール前ではFW陣…

この記事は有料記事です。

残り393文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」 興収259億円に 「アナ雪」超えの国内歴代3位

  2. ホンダ大勝、2回戦へ 3年連続日本一を狙った大阪ガスは初戦敗退 都市対抗

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 立憲、安倍前首相の国会招致求める 小泉氏ら閣僚、コメント回避相次ぐ

  5. 菅首相の声だけ流れる「グループインタビュー」はなぜ行われたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです