メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「非自由民主主義」掲げるハンガリー首相の狙いは

ハンガリー政府の資金で改修されたカルバン派の教会。ハンガリーの国旗が掲げられている=ウクライナ西部ベレホベで2019年10月31日午前10時25分、三木幸治撮影

 ハンガリーとの国境に近いウクライナ西部ザカルパチア州ベレホベ。欧州連合(EU)加盟国のハンガリーとは全く異なる寂しい街並みだが、近年は変わり始めた。背景にあるのは冷戦終結から30年を経て顕在化するハンガリー民族主義であり、ハンガリーのオルバン政権の動きだ。変化する国境の街を訪ねた。【ベレホベで三木幸治】

 穴だらけの道路には馬車や旧ソ連製の車が走る。道路の街灯は少なく、夜は暗闇が広がっていた。

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 慶応大病院で初期研修医18人集団感染 40人で飲食

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです