メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「お帰りなさい」の大漁旗 田老-田野畑間運行再開 三鉄

約2カ月半ぶりに戻ってきた列車を大漁旗で迎える地元住民ら=岩手県田野畑村の三陸鉄道田野畑駅で2019年12月28日、三瓶杜萌撮影

 台風19号で一部区間が不通となっている三陸鉄道リアス線で28日、田老―田野畑間(22・9キロ)の運行が再開された。田野畑駅には早朝から地元、羅賀地区の住民らが駆け付け、大漁旗などを振りながら「お帰りなさい」と声を上げて列車を迎えた。【三瓶杜萌】

 リアス線は全長163キロの路線のうち、約7割が被災した。先月28日の津軽石―宮古間(9・2キロ)運行再開に次ぐ待望の復旧。残る不通区間は全体の半分になった。

 同区間は摂待駅(岩手県宮古市)から南に約400メートルにある真崎トンネル(全長6532メートル)で10月13日、久慈側入り口から約200メートルまで大量の土砂が流入し撤去作業が進められた。約2カ月半、住民らは1日5往復の代行バスを利用した。羅賀地区のパート、熊谷裕美子さん(61)は「警笛が聞こえるのはうれしい。これを合図に朝支度をしてきたから」と、列車に目を細めた。

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文611文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

  3. 山本太郎の現在地 (上)都知事選、野党競合でも出馬 山本太郎氏「実験」の狙い

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 「やめられなかった」勤務時間中に喫煙3400回 学校抜け出し食事も 大阪府立高教諭処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです