「抵抗なかった」「リスクより好奇心」「行儀よくなった」 私生活撮影 被験者が過ごした1カ月

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
カメラの撮影を止める作業をする遠野社長(右)と作業を見守る男性=東京都大田区で2019年12月24日午後7時40分、吉田卓矢撮影
カメラの撮影を止める作業をする遠野社長(右)と作業を見守る男性=東京都大田区で2019年12月24日午後7時40分、吉田卓矢撮影

 報酬20万円で1カ月にわたり私生活動画を撮影・収集するIT会社「Plasma(プラズマ)」(東京都目黒区、遠野宏季社長)による社会実験の撮影が24日までに全て終了した。被験者4人のうち、男性1人、女性2人が、撮影されながら自宅で過ごした1カ月間を振り返った。動画撮影されての生活はどんなもので、被験者は何を感じたのか。【吉田卓矢/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り4464文字(全文4643文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集