メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーU23日本代表に遠藤、田中碧ら 海外組は食野のみ 久保建、堂安外れる

 日本サッカー協会は29日、東京五輪アジア最終予選を兼ねたU23(23歳以下)アジア選手権(来年1月8~26日、タイ)に挑む日本代表23人を発表した。MF遠藤(横浜マ)、MF田中碧(川崎)、DF橋岡(浦和)ら国内組が22人。海外組はMF食野(ハーツ)のみで、久保建(マジョルカ)や堂安(PSVアイントホーフェン)はメンバーに入らなかった。

 今月のE―1選手権(韓国)のメンバーからは14人、28日にU22ジャマイカ代表との国際親善試合(長崎)を戦ったメンバーは5人が選ばれた。長崎市内で記者会見した森保一監督は「酷暑で(決勝まで進んで)6試合できるように、東京五輪のシミュレーションとして生かしていけるように、アジアの頂点に立てるように覚悟して臨みたい」と語った。

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文598文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 緊急事態宣言の非科学性

  5. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです