メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東福岡にジョセフHCゆかりの幼なじみ2選手 父親が一緒にプレー 夢は優勝、そして日本代表

東福岡で優勝を目指す、幼なじみの広瀬雄也主将(左)と森山雄太選手=福岡市博多区の東福岡高校で2019年12月25日午後1時13分、石井尚撮影

 第99回全国高校ラグビーフットボール大会で、30日に初戦を迎える東福岡に、ラグビー・ワールドカップ(W杯)で日本代表をベスト8に導いたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、50歳)にゆかりのある選手がいる。広瀬雄也主将(3年)と森山雄太選手(同)。父はいずれも社会人チームでジョセフHCと一緒にプレーした仲だ。幼なじみの2人は「花園で活躍し、日本代表としてジョセフHCの下でプレーしたい」と意気込む。【石井尚】

 ジョセフHCは1995~2002年、トップリーグ「宗像サニックスブルース」(福岡県宗像市)の前身の企業チームに選手として在籍した。広瀬主将の父友幸さん(43)は3年間、森山選手の父智さん(49)は6年間、同じチームでジョセフHCと苦楽を共にした。友幸さんは「遊びと練習の切り替えがうまかった。そして、選手に厳しかった」と話し、智さんは「ジェイミーの教えは『トレーニング・ハード、プレー・ハード』。何…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです