メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵馬や破魔矢、新年向け準備 県護国神社 /山形

ネズミが描かれた破魔矢を並べる巫女たち=山形市で

 山形市薬師町2の県護国神社では29日、新年を前に巫女(みこ)ら5人が縁起物の準備を進めた。来年の干支(えと)の「子(ね)」にちなんだネズミの土鈴や絵馬、破魔矢、熊手など縁起物約5000点のほか、お守りなど計約3万点を用意した。祢宜(ねぎ)の豊嶋宏行さん(41)は「新元号も干支も始まりの特別な年。幸…

この記事は有料記事です。

残り54文字(全文204文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 井筒屋入居のビルが破産 クロサキメイト4月末で閉店 北九州・JR黒崎駅前

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです