「三越の第九」 200人の歌声響く /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本橋三越本店(中央区日本橋室町)の年末の風物詩「三越の第九」が29日、同店1階のレセプションで行われた。年越しの買い物も兼ねた“観客”が、200人の合唱に師走の気分を味わった。

 「三越の第九」は今年で35回目。音楽家の酒井敦さんの指揮の下、ソプラノやテノールなどプロの歌手と台東区民合唱団が、ベー…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文231文字)

あわせて読みたい

注目の特集