メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンガリー・闘士の「変節」

/6止 「分裂」EU、制御できず

EUのハンガリーへの対応を説明するウィーン大のトビアス・シュペリ准教授=三木幸治撮影

 「(ハンガリーの『法の支配』のあり方を批判する欧州連合=EU=に対し)我々の名誉に傷をつけようとする前に、よく考え直した方がいい」=ハンガリー・オルバン首相(2019年、フィンランド首相来訪時の記者会見で)

     ◇

 「(反EUの言動を止めなければ)党からの追放を考える」。欧州議会の最大会派、欧州人民党を率いるウェーバー氏は今年3月、自らの会派に所属する「フィデス・ハンガリー市民連盟」に最後通告を突きつけた。だが、最終的に党内の意見をまとめることはできず、オルバン氏率いるフィデスを資格停止処分にしたものの、追放はできなかった。ハンガリーの親政府メディアは「フィデスは欧州議会で勝利した」と報じた。

 10年から強権国家の道を歩み出したハンガリー。だがEUは法の支配や報道の自由など、EUの原則を踏み…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文1082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 相模原殺傷 植松被告の変貌ぶりに衝撃受ける友人らの証言紹介

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 新型肺炎「中国の感染者は推計5502人」 北大チーム、数百人は過小評価と分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです