メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平成」から「令和」へ/台風次々、甚大被害(その1)

新元号を発表する記者会見で、「令和」と紙に墨書された額を掲げる菅義偉官房長官=首相官邸で2019年4月1日、渡部直樹撮影

 (2019年の重大な出来事をまとめました。ニュース一覧の年齢・肩書は当時。海外は現地時間)

「平成」から「令和」へ

 憲法と皇室典範特例法に基づき、皇太子徳仁(なるひと)さま(59)が5月1日に新天皇に即位された。1989年1月8日に始まった「平成」が終わり、新元号「令和」の幕が開けた。皇位継承に伴い、皇太子妃雅子さま(56)は新皇后に、前の天皇陛下(86)は上皇、前の皇后美智子さま(85)は上皇后となった。

 新元号はシステム改修など国民生活への影響を考慮して改元の1カ月前に決まった。菅義偉官房長官が4月1日、楷書で書かれた墨書を掲げて発表した。

この記事は有料記事です。

残り7545文字(全文7820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  5. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです