メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「平成」から「令和」へ/台風次々、甚大被害(その1)

新元号を発表する記者会見で、「令和」と紙に墨書された額を掲げる菅義偉官房長官=首相官邸で2019年4月1日、渡部直樹撮影

 (2019年の重大な出来事をまとめました。ニュース一覧の年齢・肩書は当時。海外は現地時間)

「平成」から「令和」へ

 憲法と皇室典範特例法に基づき、皇太子徳仁(なるひと)さま(59)が5月1日に新天皇に即位された。1989年1月8日に始まった「平成」が終わり、新元号「令和」の幕が開けた。皇位継承に伴い、皇太子妃雅子さま(56)は新皇后に、前の天皇陛下(86)は上皇、前の皇后美智子さま(85)は上皇后となった。

 新元号はシステム改修など国民生活への影響を考慮して改元の1カ月前に決まった。菅義偉官房長官が4月1日、楷書で書かれた墨書を掲げて発表した。

この記事は有料記事です。

残り7545文字(全文7820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア・スラウェシ島の地震、死者34人に 600人以上負傷

  2. 全国で新たに7133人感染 重症者は934人で最多更新

  3. 吉川元農相、異例の在宅起訴 端緒は河井夫妻捜査 養鶏業界実力者が図った政界工作

  4. ORICON NEWS 『半妖の夜叉姫』公式が注意喚起、スタッフのなりすましツイッター確認

  5. 陸自3佐を女児へのわいせつ容疑で逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです